脱毛による肌トラブルを回避するために

脱毛時には毛穴がぽっかりと開いた状態になりますので、バイ菌や皮脂が入り込んで毛のう炎などを引き起こすことがあります。

そのため、脱毛前に肌を清潔に保つように準備をしなければなりません。

汚れていない時には清潔な濡らしたタオルで拭くだけでも十分ですが、たくさん汗をかいた後や1日過ごした後に処理を行う場合にはシャワーを浴びて洗い流した方が無難です。

レイビスの口コミの情報が満載です。

肌を清潔にしたら実際に脱毛を行いますが、行った直後にも肌ケアを怠ると乾燥や色素沈着、毛穴の開きなどを引き起こします。



ムダ毛が無くなって毛穴が開いていると、肌中の水分がいつもよりも蒸発しやすくなりますし、保水力が低下して乾燥がすすむと外的刺激に耐えられなくなり、トラブルとして現れます。

色素沈着は摩擦や紫外線に当たることで起こりますが、メラニンが生成されても順調に排出されていれば問題は起こりません。


メラニンの排出が遅れるのは、生成量が多すぎるためであり、生成は刺激によって行われますので刺激を小さくしなければなりません。また、肌のターンオーバーを正常にして代謝を活性化することも重要であり、両方の作用がきちんと働くことで正常な状態を維持することができます。肌細胞の働きを高めるには保湿が大切です。

保湿をしっかりと行っていれば抵抗力がついてきますので、大きなトラブルに発展することはあまりありません。

肌の早期回復のために、毎日お風呂上がりに保湿を徹底して行いたいところです。

教えて!gooの検索がとっても楽になりました。